ディズニー

2016/01/30

ディズニーディズニーアンバサダーホテル

001

エレベータアナウンス


※ 当ページは、2009年9月20日にDigital Space Webサイトに掲載していた記事を転載しております。

続きを読む "ディズニーディズニーアンバサダーホテル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ディズニーシー・ ホテルミラコスタ

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
2003年3月28~29日 --- ディズニーシー・ホテルミラコスタ滞在報告
011
パーク滞在型のホテルは魅力がいっぱいです。その一部をご紹介します.
※ 当ページは、2011年8月4日にDigital Space Webサイトに掲載していた記事を転載しております。

続きを読む "東京ディズニーシー・ ホテルミラコスタ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ディズニーランド 20周年アニバーサリー & ディズニー・ハロウィーン

東京ディズニーランド 20周年アニバーサリー & ディズニー・ハロウィーン

20周年アニバーサリーとハロウィーンを開催。あらゆる所がハロウィーンです

Tdl20_00

東京ディズニーランドも20周年!
夢と魔法の王国は健在です
※ 当ページは、2009年5月4日にDigital Space Webサイトに掲載していた記事を転載しております。

続きを読む "東京ディズニーランド 20周年アニバーサリー & ディズニー・ハロウィーン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ディズニーシー 6th

Theme Park of Disney - 東京ディズニーレポート -
東京ディズニーシー 6th
ディズニーシー・シンフォニー・ファイナル
ディズニーシー・ホテルミラコスタ / ポルト・パラディーゾ・サイド (パークサイド:2365号室)

200403282900

ディズニーシー・ホテルミラコスタ / ポルト・パラディーゾ・サイド・パークサイド2365号室の眺望
※ 当ページは、2009年5月4日にDigital Space Webサイトに掲載していた記事を転載しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ディズニーシー 2nd

Theme Park of Disney - 東京ディズニーレポート -

東京ディズニーシーの昼のショーはミステリアスアイランドを背景にメディテレーニアンハーバーで繰り広げられるダイナミックなショーです.これこそ、東京ディズニーシーならではですね.

Tds05

2002年8月23日に2回目のTDSインパクです.初回の時よりもアトラクションの位置や混み具合などがわかっているので効率よく、落ち着いて楽しむ事ができました。やっぱり慣れてくることによってさらに楽しめることを実感しました.
今回はディズニーアンバサダーホテルに宿泊したので、遅くまでパークを満喫する事ができました.
※ 当ページは、2009年5月4日にDigital Space Webサイトに掲載していた記事を転載しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ディズニーシー 1st

Theme Park of Disney - 東京ディズニーレポート -

東京ディズニーシーは2001年9月4日にオープンしたディズニーリゾートの新しいテーマパークです。海をテーマにした作りは東京ディズニーランドとは違った新たなる雰囲気を漂わせています.

Tds01

初めてインパークしたのは東京ディズニーシーオープン半年後の2002年3月30日です。 東京ディズニーシーは海と山がうまくマッチングしたとってもお洒落な街並みが魅力で、大人のテーマパークとして酒類も販売していますので、パーク内のホテルミラコスタか近隣のオフィシャルホテルに宿泊すると良いでしょう.

パーク内はとても広く感じられ、落ち着ける場所がたくさんあります.

東京ディズニーランドの方が良いと言う意見をたまに聞きますが、理由のひとつとして、慣れ親しんだランドと新しいシーの感覚によるものではないでしょうか。私も初めてインパクした時は慣れないせいかとっても疲れてしまい、ランドの方がいいなぁと感じましたが、冷静に考えるとやはり、どちらも違った良さがある事に気付きました.

やはり、リピータとして何度か足を運んで、慣れ親しんでくれば良さが更にわかってくるのだと思います.

本ページに掲載されている内容は筆者が体験し感じた事であり真実に沿っているとは限りませんので予めご了承ください.

※ 当ページは、2009年5月4日にDigital Space Webサイトに掲載していた記事を転載しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/16

デジタル一眼持ってディズニーランドへインパしてきた

先日のブログでも報告したようにデジタル一眼レフカメラをヤマダ電機の家電フェアで購入した。機種は、キャノン EOS Kiss デジタルX ダブルズームキット(ブラック) である。少々型落ち品ではあるが、標準レンズとズームレンズがセットになったパッケージ品でデジタル一眼の入門機としては十分な機能と性能を持ってあわせている。シルバーの安売りはたまに見かけるがブラックはなかなか見かけない。これが39,800円で入手できたのだから十分満足な買い物だったかなぁと思っている。

これを持って出かける先は、コンパクトカメラではなかなか写しきれない新たな発見を求めて、やはりディズニーリゾートってところでしょう。ここのところ諸事情で1年近くパークインしていなかったので東京ディズニーランドへ早速行って来た。

当日は、モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!” もオープンしたてで混雑も予想されたが、あいにくの天気でかなり空いていた。ラッキー でもせっかくの撮影目的なのに雨・・・(涙)

悪天候の中で撮ったからシャッタースピードが上がらずにボケ写が多発。いやーせっかくなのになぁ。でも、このカメラ、ISO1600まで上げられるから、多少画質をガマンすればストロボレスで室内撮影だって可能だよ。やっぱり凄いねぇ。ついでに眼一ならではのバックぼかし撮影もまあまあ実践できるレンズだね。

このブログには、写真の容量制限があってオリジナル画質でアップできないけど、画素数を落として更に高圧縮した写真を掲載しておく。

Img_7635 ランドのメインストリートにあった花。もっとぼかせたけど、どこだかわからないとつまらないからこの程度かな(汗)

しかも、朝方にこの場所でじっとカメラを構える事自体かなりハイリスク!みんなモンスターズインクへ猛ダッシュだからねぇ。気合を入れた1枚なのである。

  • シャッタースピード:1/50
  • F値:F/4.5
  • ISO:ISO-400
  • 焦点距離:34mm
  • 露出プログラム:絞り優先
  • 露出補正:0

後日、他の写真もアップしようかな。なんせこの1日で250枚ぐらい撮ったんだからねぇ・・・

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008/08/15

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ

2008年8月14日~15日にかけて、我が家の年に一度のお楽しみである東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ宿泊と東京ディズニーシーへ行ってきた。

Coming Soon .......

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/05

25周年の東京ディズニーランドへ行ってきた

東京ディズニーリゾートが誕生して25周年。今年はさまざまなイベントで盛り上がりを見せている。25周年のアニバーサリーミュージックには、石井竜也と高杉さと美による『魔法の鍵 ~The Dream Goes On』が発表され、パーク内でも耳にする事が多い。

こんなさなか、5月5日こどもの日に東京ディズニーランドへ行ってきた。もちろんゴールデンウィークど真ん中なので、相当な混雑を覚悟の上でだ。

Dscf00015月5日は8時開園なのだが、AM6:00に家を出てTDLの駐車場に着いたのは、40分後の6:40。・・・ 湾岸がすこぶる空いてたから早く着きすぎた。まあ、それでもTDLの駐車場は混雑していて、予定よりも遠くに止めることになってしまった。遠いといっても今秋オープンのディズニーランド・ホテルの脇あたりだけどね。

しかしオープン待ちの人、人、人で、入園口はものすごいことになっている。いつものことだが、あまりの混雑でオープンが5分前倒しになった。 それでも、入園するまで結構並んだけどね。並ぶの好きだから我慢々(汗)

Dscf0018 シンデレラ城も25周年バージョン。

子供の日だから、アトラクは、あまり乗れないと思っていたけど、結構乗れたし、お目当てのジュビレーション!も観れたから満足だよ。

しかし、オリエンタルランドの努力で、日本にディズニーランドがやってきて四半世紀だね。今年は、7月8日に「東京ディズニーランド・ホテル」も開業するし、「シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京」も始まる。まだまだ、衰えを見せずに盛り上がりを見せ続けてほしい。

今年の夏もミラコスタかな!?予約はしてあるけど子供が受験生だから、成績によってはキャンセルかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/23

魔法にかけられて(ネタバレなし)

ウィルトディズニー・ピクチャーズ映画「魔法にかけられて」を見てきた。この映画はウィルトディズニーピクチャーズ製作だが、ディズニーアニメーションとのコラボ作品で新しいディズニー映画を感じる事ができる。ディズニーアニメが不調といわれている中、大人がディズニーアニメを再認識できる、とってもユニークな作品。ディズニーファンには、見ずにはいられない話題作なのである。

なんといっても、アニメーションでの当たり前の出来事(ストーリ)が、実写になった時のギャップがたまらなく面白く、ディズニーアニメが好きな人ほど笑いが止まらない。

しかし、この笑いには、架空のストーリで成り立っているアニメーションの物語や振る舞いへの、純粋な喜びを感じる事ができ、まさにディズニーを超えたディズニーである。

続編ができたら必ず見たい映画のひとつになった。

ディズニー~魔法にかけられてスペシャルサイト

ディズニー史上「もっともアリエナイ魔法」とは!? ――「魔法にかけられて」ケヴィン・リマ監督インタビュー - 速報 ニュース:@nifty.

| | コメント (0) | トラックバック (1)