おすすめサイト

2013/06/15

第八弾 オリジナル楽曲リリース ♪~♪~ 聖なるどよめき

第八弾 『聖なるどよめき』 オリジナル楽曲リリース しました。

今回の曲は、ダイアトニックコードより、I ⇒ VI ⇒ II ⇒ V (イチロクニーゴー)を活用して、C ⇒ Amin ⇒ Dmin ⇒ G の循環進行で制作しています。

また、マスタリングには、いつもの「SoundEngine」で以下の処理を施しています。

  • マスタリングプロセッサー:空気感付加
  • コンプレッサー:ステレオコンプレッサ
  • ノイズゲート:標準
  • ノーマライズ

楽曲は、こちらでご試聴ください。

なお、ご意見、ご感想などは、本ブログへコメント投稿をお願いします。

★ 聖なるどよめき 楽曲更新履歴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/25

安否情報案内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/23

第五弾 オリジナル楽曲リリース ♪~♪~ Remember doing

どうしてもピアノ好きなんで、ピアノベースの楽曲を作ってしまうのだけど、今回はメロディー先行で制作した。単純にメロディーからコードをひろっていく方法(笑)以外とイメージにあったコードって見つからないものだね。もっとコードの勉強しなくっちゃ。

それと、意外性のあるイントロ。Aメロとのつながりに気を使ったよ。苦労したけど。

今回の作曲でもっとも苦労したのはベースライン。ベースによっては単調な曲になってしまうから16分や32分音符を入れて見たけどなんかうざったい。それなりに入れたけどこれ以上は無理かな!?まぁ独特なベースラインをもっと勉強しなくては・・・(汗)そのうちベースソロ楽曲でも作るぞぉ!がんばりますぅ。

ところで、今回は、Music Studio Producerのオーディオトラックをフルに使い、全パートを独立でトラックレコーディングし、これにエフェクトをそれぞれにかけた。

ちなみに今回使用したエフェクターは、

  • 8バンドイコライザー
  • ローパスフィルター
  • ハイパスフィルター
  • インサーション
  • リバーブ
  • コーラス
  • チューブ

これらの調整がなかなか難しい。これこそセンスなのかなぁ。磨かなきゃ!

それでも、できる限り音を潰して厚みを出したつもりなんだけどね・・・

この後、ミックスダウンして最終ノーマライズをSoundEngine Freeで行った。

タイトルの「Remember doing」、和タイトルとしては「懐かしい思い出」ってところ。

懐かしさを覚える曲に聞こえてくれればうれしいのだけど。

♪ Remember doing

Digital Space Web 内の掲載ページにジャンプします。

★ Constructive データ更新履歴

  • 2009/5/23 新規リリース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/04

オフィシャルサイトをリニューアルしました

私の公式サイト 「カスタムPC・ブロードバンド接続情報サイト Digital Space Web」 をリニューアルしました。

ブログと同じようなレイアウトで、メインコンテンツとサブコンテンツ、サイトコンテンツ、管理人情報をメニューバーから直接アクセスできるようにしました。

完成はない、永遠に進歩するサイトとして、進化させました。

まずは、一度ご覧ください。

★ カスタムPC・ブロードバンド接続情報サイト Digital Space Web

http://homepage3.nifty.com/digital_space/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/19

楽曲制作の楽しい苦労話

インターネット配信で楽曲を聞いてもらうためには、一般的なパソコンでそれなりに聞ける音にマスタリングする必要がある。

そのために各種エフェクターの活用やその元となる音源の使い方を試行錯誤しているところ。手始めに、MIDI形式での配信ではソフトウェアシンセの設定により聞こえ方が変わってしまう点を克服するためにMP3形式で配信するように変更した。これで音源の違いは問題なくなる。

しかし、そもそも今利用している音源は、「Microsoft GS Watable SW」なので音色には当然限界がある。このOS標準搭載のソフトシンセはローランド社のSC-55をベースに作られた音源であるが、エフェクターが搭載されていないなど、かなり制限が多い。

私の音楽サイトでも紹介しているように、ハードウェア音源であるローランド社のSC-55MKⅡを持っているのだが、何を隠そうパソコンとの接続ができない状態にあるため、せっかくの音源が利用ができないでいる。以前のパソコンには、サウンドブラスターなどに標準搭載されていたゲームポートからMIDI端子へ変換するケーブルで接続していたのだが、今宵のパソコンにはゲームポートが無いのが普通になってきている。これを解決するためには、USB~MIDI接続ケーブルが必要なのだ。

ちなみに、ローランドだと、EDIROLのUM-1EXあたりがこれにあたるのだが。

これを入手すればハードウェア音源が使えるので、曲の表現力は上がると思う。しかし、よくよく調べてみると無償で配布されているソフトウェアシンセサイザーが結構あるではないか。という事で、私が見つけたフリーな音源を紹介する。

これらは、以前紹介したMusic Studio Producerでプラグインとして利用する事ができるので、近い将来これらを使った楽曲も制作してみたいと思っている。

オリジナル音楽と制作コラム
Original Musics & Colums  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/12

第四弾 オリジナル楽曲リリース ♪~♪~ Constructive

ピアノから始まる曲が書きたくて、この曲をバンドスコアとして書き下ろしました。

この曲のタイトルを決定した経緯はそのまま和訳してもらえるとわかると思いますが、「つらい事があってもポジティブに・・・」ってところでしょうか。曲調も右上がりを意識して作ったので!?

それから、今回は一応、マスタリングまで仕上げてみました。その結果、ヘッドホンで聞いても、それほど違和感なく聞いてもらえるのではないでしょうか?リバーブの効果を一度お聞きください。

なお、誰でも聞いていただけるようにMP3形式で掲載しています。

感想をお待ちしておりまーす(笑)

♪ Constructive

Digital Space Web 内の掲載ページにジャンプします。

★ Constructive データ更新履歴

  • 2009/4/12 新規リリース

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/23

第三弾 オリジナル楽曲リリース ♪~♪~ Pially (Piano Solo Short Ver.)

ピアノソロの曲を考えていて何となくできた曲。

ホームページのオープニング曲にでもしようかなって考えてた、とっても短い曲です。

そのうち、ドコモの着メロ(MLD形式)にでもしてみようかな?

今後、この曲の発展も考えているけど、今のところこの程度に留めておこうかなぁ。まあ、曲は大事に育てていくものなんで・・・・なーんてね。

♪ Pially (Piano Solo Short Ver.)

Digital Space Web 内の掲載ページにジャンプします。

★ Pially (Piano Solo Short Ver.) データ更新履歴

  • 2009/3/23 新規リリース
  • 2009/4/4 MIDI形式→MP3形式に変更
  • 2009/4/19 リバーブによるホール演奏効果を付加しました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/14

第二弾 オリジナル楽曲リリース ♪~♪~ Fancy (ORIGINAL Ver.)

第二弾 オリジナル楽曲はリクエストにもあったFancyの原曲バージョン。

オリジナルキーにしたので、明るめの曲感と素朴さが再現できているかな!?

まだまだ、和音に対する曲作りができていない頃で、その結果素朴感がでている。

当時はドラム無しで、ベースに基本リズムを頼りきっていたのだが、本バージョンは、基本リズムをドラムにして、少々完成度を上げたつもり(汗)

でも曲の特徴は、シンセベースのオクターブ奏法。これは、YMOの楽曲でよく使われる方法で、私もかなり影響を受けていた頃を思い出す。プロフェット5の重圧なユニゾンVCOで奏でるオクターブベースは、かなり迫力があったような気がする。

この曲は原曲を作る段階でY.T氏にも協力してもらったものである。Special Thanks!

♪ Fancy (ORIGINAL Ver.)

Digital Space Web 内の掲載ページにジャンプします。

★ Fancy (ORIGINAL Ver.) データ更新履歴

  • 2009/3/14 新規リリース
  • 2009/3/14 MP3形式 →MIDI(GM)形式へ変更。GMシステム・オン、ノンリアルタイム・ユニバーサル・エクスクルシーブ・メッセージ、デバイスID all-call、F0 7E 7F 09 01 F7を追加。
  • 2009/4/19 フランジャー、コーラス、リバーブでマスタリングエフェクトを行いMP3形式で公開。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/08

第一弾 オリジナル楽曲リリース ♪~♪~  Fancy Overture

オリジナル楽曲の手始めに、若い頃に何となく考えていたメロディーを音楽っぽくしてみた。

ピアノのバロックとベースを少し凝ったけど、メロディーが自然に聞こえるようになったかな?原曲のキーからマイナーへ変更して少し寂しげにしたのだけど・・・

しかし、Music Studio Producer (以下、MSP)で製作して、midi形式をi-TuneでMP3形式にすると、ちょっと曲感が変わってしまったような気がする。

ベースが前に出すぎだよ。MSPでは、もう少しバランスとれているのになぁ。残念。

変換方法もじっくり勉強が必要かな?

♪ Fancy Overture 

Digital Space Web 内の掲載ページにジャンプします。

まぁ、ご拝聴ください。できれば、感想等をコメントしてね。次の励みになるから頼むよぉ。

★ Fancy Overture データ更新履歴

  • 2009/3/8 新規リリース
  • 2009/3/14 MP3形式 →MIDI(GM)形式へ変更
  • 2009/4/4 GMシステム・オン、ノンリアルタイム・ユニバーサル・エクスクルシーブ・メッセージ、デバイスID all-call、F0 7E 7F 09 01 F7を追加。
  • 2009/4/4 低音域が強すぎたためミキシングを変更しました。(ヘッドフォン試聴に対応)
  • 2009/4/18 アコースティックギターを前面にリミックスして、再マスタリングをしました。MP3形式で公開

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/03/07

音楽活動再開!?

最近は良いも悪いも自分の時間が多くとれるようになってきた。この景気では無駄な出費はできるだけ減らしたいもの。「時間があっても金がない」これは多くの人が抱える現状ではないだろうか。

そんな中、何かお金を使わずに楽しめることがないかなぁって考えていたのだが、若き頃に夢中になっていた音楽活動が恋しくなってきた。しかし、すぐにバンド活動再開なんて事は、共有できる仲間がすぐには見つからないし、ましてや演奏スキルが温存されているとは思えない。

そこで、パソコンも所有していることだしDTM(ディスクットップミュージック)であれば、実際に演奏するわけではないので無理なくできる!

しかし、DTMを行うにもWinXPで動くMIDI関係のソフトはない。当時はMS-DOS全盛であった。

これは、困ったなぁ。と思ったら、とても気が利くソフトを見つけた。それは、『Music Studio Producer 』というフリーソフトである。

フリーと聞いて甘く見てはいけない。これがすごいのだ!

機能は、ピアノロール、スコアロール、イベントリストが揃っており、ミュージ郎とレコンポーザーをかけ合わせたような豪華な機能郡。WAVEデータも同期をかけられる。

しかも、今宵のCPUパワーをもってすれば、外部音源を使わなくてもソフトウェアシンセで実現できる。もちろん鍵盤や音源を接続する事も可能である。

これはほんとうにすごい。フリーソフトとは思えないぐらい良くできたソフトである。

これを使ってスタジオソロミュージシャンとして音楽活動を再開する。

耳コピーをやるか、オリジナル楽曲を作るか・・・

コピー曲だと著作権の関係でウェブには公開しにくいからなぁ・・・・

少し考えてみよーっと(笑)

サイトに飛んだら、ダウンロードタブから、Music Studio Producer (フリーソフト)を所定の場所からダウンロードしてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)