« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年9月

2009/09/12

防犯対策と平和的解決

諸事情があり我が家の駐車場へシャッターを取り付けた。

金に余裕があって付けた訳ではない!取り付けないで済むのであれば付けたくなかった!このご時世そうでなくても家計は火の車。ほんとに苦しい中での取り付けである。

諸事情に対する不安。その解決策としての取り付けの決断。そして家計への負担。不況による今後の不安。また、このシャッター取り付けで完全解決ではないかもしれないという家族への不安。

精神的に、かなりの打撃を受けている自分がここにいる。

警察は事件が発生した後でなければ、何もしてもらえない。役所の防犯課でも悩みを聞いてくれる程度で何かしてくれるものでもない。日本の防衛でわかるように、先手を打ち自ら危機解決への打つ手がない。

こういう世の中で本当に良いのか!会話による解決だとか、武力行使は悪であるとか、もちろん理解できる。平和的解決ってどういう意味なのか!?

会話ができない相手であった場合、どうするのだろうか? 日本が抱える隣国の脅威に対する問題と同じように、まともに会話ができない相手であったらどういう解決策があるのだろうか? やられ損なのか!指をくわえて見守るだけなのか!

私は、「目には目を」的な報復活動、戦争的発想は大嫌いである。だからこそ、平和的解決の真意を説き、悩み、考える事が、今の日本にも必要な事ではないだろうか。

結局、規模が違うが、巷でも同じような問題解決ができないで悩む人が多いって事をしってほしい。明日はわが身である。

「諸事情」を知らない人には理解しづらい内容になっているかと思うがご容赦いただきたい。久しぶりのブログ更新がネガティブな記事になってしまったのが、とても悔しい!

★事情を理解いただき、早期シャッター取付けに対応をしてくれた、A工務店とその関係者に感謝いたします。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »