« 第四弾 オリジナル楽曲リリース ♪~♪~ Constructive | トップページ | 家電芸人ではなく家電汎人なのだ »

2009/04/19

楽曲制作の楽しい苦労話

インターネット配信で楽曲を聞いてもらうためには、一般的なパソコンでそれなりに聞ける音にマスタリングする必要がある。

そのために各種エフェクターの活用やその元となる音源の使い方を試行錯誤しているところ。手始めに、MIDI形式での配信ではソフトウェアシンセの設定により聞こえ方が変わってしまう点を克服するためにMP3形式で配信するように変更した。これで音源の違いは問題なくなる。

しかし、そもそも今利用している音源は、「Microsoft GS Watable SW」なので音色には当然限界がある。このOS標準搭載のソフトシンセはローランド社のSC-55をベースに作られた音源であるが、エフェクターが搭載されていないなど、かなり制限が多い。

私の音楽サイトでも紹介しているように、ハードウェア音源であるローランド社のSC-55MKⅡを持っているのだが、何を隠そうパソコンとの接続ができない状態にあるため、せっかくの音源が利用ができないでいる。以前のパソコンには、サウンドブラスターなどに標準搭載されていたゲームポートからMIDI端子へ変換するケーブルで接続していたのだが、今宵のパソコンにはゲームポートが無いのが普通になってきている。これを解決するためには、USB~MIDI接続ケーブルが必要なのだ。

ちなみに、ローランドだと、EDIROLのUM-1EXあたりがこれにあたるのだが。

これを入手すればハードウェア音源が使えるので、曲の表現力は上がると思う。しかし、よくよく調べてみると無償で配布されているソフトウェアシンセサイザーが結構あるではないか。という事で、私が見つけたフリーな音源を紹介する。

これらは、以前紹介したMusic Studio Producerでプラグインとして利用する事ができるので、近い将来これらを使った楽曲も制作してみたいと思っている。

オリジナル音楽と制作コラム
Original Musics & Colums  

|

« 第四弾 オリジナル楽曲リリース ♪~♪~ Constructive | トップページ | 家電芸人ではなく家電汎人なのだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35822/44721269

この記事へのトラックバック一覧です: 楽曲制作の楽しい苦労話:

« 第四弾 オリジナル楽曲リリース ♪~♪~ Constructive | トップページ | 家電芸人ではなく家電汎人なのだ »